私の遺伝子情報としては、内面部分は母親と父親をちょうど半分ずつ受け継いでいると感じます。

まず、私と母親の共通点についてです。
私は中学生くらいまで絵を描くのが好きで、漫画家になりたいと思っていました。しかし高校に入った頃には回りには私より絵が上手い人しかいなく、自然と漫画家の夢は諦めていました。私の母親も、高校生までは漫画家になりたいと同人誌を描いていたことを知り、驚きました。しかもその母親の同人誌の絵柄が当時の私の絵柄によく似ていて更に驚きました。また、運動音痴なところや美術と作文が得意なことも似ていたようです。

次に父親との共通点です。私が小学生の頃に我が家に初めてパソコンがやってきました。当時は絵を描くことに嵌まっていたこともあり、私はイラストサイトを立ち上げてみたくなりました。しかし、ホームページ作成ソフトはダウンロードしていなかったため、小学生ながら、ネットで調べて手打ちでHTMLタグでのホームページ作成をしました。小学校の先生にそれが知られると大変驚かれたのを覚えています。そして私の父親も日本で発売したてのMacでパソコン関係の仕事をしていたそうです。全く父親にパソコンを教えて貰ったことはありませんでしたが、周りからは「こんなにパソコン使えるなんて、さすがパパの子だね」とよく言われました。

また、私は成人してから女性なのにエアガンやモデルガンに嵌まりました。この前実家に帰ると父のモデルガンコレクションがあり、血は争えないなと感じました。父からモデルガンの話を聞いたこともなかったので。少なくとも私が今まで嵌まってきた趣味嗜好は、両親からちょうど半分ずつ受け継いでいるんだなと感じました。

※あやさん、26歳から教えていただいた、
親子間で感じる遺伝子の共通性について、の文章でした。

何となく親と似ているかも、と思っても、
子供の遺伝子検査でそれが確信に変わればその後の教育もしやすくなります。
子育ての指針、大きなヒントが欲しい方はぜひ利用してみてください。
子供の遺伝子検査.com トップへ